新潟県の粗大ごみ・不用品回収のルールや処分方法

- 新潟県の粗大ごみ回収と処分方法

更新情報

新潟県の粗大ごみ回収と処分方法

新潟県でも主に新潟市の場合、次のような粗大ごみの処分方法、回収方法がある。
先ず、各清掃センターに電話を掛けて、事前の申し込みが必要となり、各市町村により、収集日と申し込み締め切り日が決まっている為、その点に注意しながら申し込む事が必要となるのである。
粗大ごみと、氏名を書いた紙を用意し、それぞれの粗大ごみに貼り付けて、指定の回収日の所定の時間までに運び出し、この際に特に立ち会い等は不要な為、収集日と時間を厳守するようにする事が大切である。
回収を依頼する場合は全ての粗大ごみが無料で回収してもらう事が可能な事が特徴的である。

粗大ごみを処理施設へ持ち込む場合

粗大ごみ回収を依頼せずに、処理施設へ持ち込む場合は、各施設によって条件が異なる為、事前の電話での確認が必要になる。
粗大ごみを持ち込みによって処分する場合の処分施設は、東清掃センター、西清掃センターがあり、どちらの場合も、電話かFaxでの問い合わせが可能となっており、必ず事前の申し込みと、粗大ごみの料金の確認が必要になるのである。
土日の営業は行っておらず、平日限定となりますので注意が必要となるのだ。
その他には持ち込み専門の業者として新田清掃センター、亀田清掃センター、鎧潟クリーンセンター、豊栄環境センター、グリーンタワー、エコープラザ、があり、持ち込み専門の処理施設の場合でも、電話での事前の申し込みや料金の確認が必要で、施設によっては土曜日の営業を行っている所も存在する。
エコープラザのみ、Faxでの対応も行っているので、持ち込む期日までに余裕がある場合はこちらでも良いと考える事が出来る。

新潟県新潟市の粗大ごみの料金設定は施設によって異なる

他県と比べて、粗大ごみの回収を依頼した場合には無料であるのに対し、持ち込みにて処分を依頼する場合には、その料金が明確にはなっていない事が多いと言える。
その為、回収を依頼する方がお得だと言えますが、どうしても引越しや処分する都合により、持ち込みで処分を依頼したい場合には、各処理施設に問い合わせたり、不用品回収パーフェクトクリーンなどのサイトで確認する必要があり、他県では、回収を依頼する方が料金面では高い事が多いのに対し、無料である点は評価できるものの、持ち込みによる処分の場合の料金が施設毎に異なる点においては多少不便を感じられる部分も存在する。
新潟県新潟市では、出来るだけ、粗大ごみの処分には回収を依頼する方が、無料な他、手間を掛けずに処分出来ると言える。




Copyright(C)2015 新潟県の粗大ごみ・不用品回収のルールや処分方法 All Rights Reserved.